Happinet

セールス

取り扱うのはすべてのエンタテイメント
商品の可能性を見出し、売り場にあった販売施策を提案
商品とお客さまをつなぐ売り場づくりのプロ

玩具の新商品、映画の公開情報、ゲームの販売状況など、ハピネットが持つ多様なエンタテインメント情報を駆使し、各販売店さまに合った売り場づくりを提案します。さらに、今までのノウハウを活かした店頭イベントの企画・運営、繁忙期の販売応援や売り場の改装などセールスの仕事は多岐に渡ります。

仕事の流れ

  1. 1各メーカーさまの商品発表会や見本市などに販売店の方と出席。各販売店さまに合った販売戦略を立て、仕入れ商品を決定します。販売目標数やプロモーションなどの打合せを重ね、商品の販売準備をします。
  2. 2商談を踏まえ、ハピネットのマーケティングへ商品の発注数を申告します。その後、マーケティングとの共同会議にて情報共有を行い、各販売店さまに合った仕入れ個数をマーケティングと連携しながら決定していきます。
  3. 3お取引先さまとの約束を守りながら、確実に商品をお届けするのが絶対条件。そのために、ロジスティクスと密なコミュニケーションをとり、スピーディーかつ正確に配送手配を行います。
  4. 4各販売店さまの特性を活かし、それぞれに合った売り場づくりやイベントの企画運営を行います。新商品の発売日や繁忙期には販売応援も行い、販売店さまをサポートします。販売店さまの売上最大化のため、市場動向や過去の実績など、あらゆる情報を駆使しながら需要を予測し、リピート発注などの在庫管理も行います。

商材特性に合わせた最適な売り場を提案

玩具・映像音楽・ビデオゲーム・アミューズメント・・・同じエンタテインメント商材でも同じような売り方では商品の販売最大化にはつながりません。
それぞれにあった売り方をプロデュースする。それこそが、ハピネットのセールスに求められることです。

玩具

売り場レイアウトや客層など、販売店さまの特性にあわせて玩具を選び提案します。店内の動線からお客さまの目線の高さまでさまざまな角度から売り場を見つめ、プロデュースを行います。

映像音楽

新譜だけでなく旧譜の売上も大きいのがこの商材の特徴。新作のリリースや盛り上がりが期待できるコンテンツなど、さまざまな情報をいち早くつかみ、新旧あわせた売り場提案をすることが大切です。

ビデオゲーム

ビデオゲームは販売初週が最も売上が伸びるチャンス。チャンスを逃さないよう、商品特典などの予約促進策を提案したり、販売前のプロモーションを仕掛けることが重要です。

アミューズメント

カプセル玩具自販機にユーザーが足を止めてくれる売り場をどのようにつくるかが重要です。商品で勝負するか、新しいロケーションをつくり出すか、イベントを行うか・・・常に何かを仕掛ける姿勢が求められます。


気になった方は
ぜひ会社説明会にお越しください!

新卒採用エントリー
ページの先頭へ